超精密加工/ファインプレス/微細加工/精密板金

日信岡部二光株式会社

>会社案内

会社概要

社名 日信岡部二光株式会社
所在地 〒369-0201
埼玉県深谷市岡2943-2 【地図】
TEL:048-585-3361
FAX:048-585-3761
設立年度 令和元年9月(2019年) 創業は1955年 【会社沿革】
代表者 代表取締役社長 東 義則
従業員数 約49名
資本金 300万円
株主 日本信号株式会社
取引銀行 埼玉りそな銀行
主要取引先(順不同) 日本信号株式会社
日信特器株式会社
日信電設株式会社
朝日電気株式会社
東急テクノシステム株式会社
アルプス電気株式会社
株式会社日立製作所
事業内容 精密板金加工、精密機械加工、プレス加工
精密治具、金型の設計・開発

会社沿革

1968年(昭和43年) 株式会社岡部二光製作所設立
1968年(昭和43年) USアマダ社よりコンピューター制御のタレットパンチプレス機を導入。
米国テクトロニクス社4052ミニコンピュータ導入。
精密板金技術の自動化に向け歩み出す。
1979年(昭和54年) 国内初のコンピューター制御によるベンダー加工機、シャーリング機を導入。
1980年(昭和55年) DEC社製ミニコンピュータを導入。
ソフトウェアの自社開発に着手する。
塗装部門新設。
1983年(昭和58年) 精密機械加工部門新設。
機械加工工場新設。
情報産業関連の測定・制御装置の設計・製作を開始する。
1987年(昭和62年) 設計・開発部門ビル新設。
EWSを導入。
1990年(平成2年) 板金加工部門の新工場増設。
無人化を目指す自動化の加工ラインを設置。
1991年(平成3年) 板金加工工場改修。
レーザー加工機導入。
HP社のEWS・CAD/CAMシステム導入。
1994年(平成6年) フィリピン工場設立。
1996年(平成8年) AGIE cut200D+SF導入。
AGIE cut250SF+F導入。
1998年(平成10年) MEGA-360型導入。
2002年(平成14年) WASINO GLS-821導入。
AGIE AGIECUT EXCELLENCE導入。
2003年(平成15年) アマダベンダー ファインミクロン導入。
2005年(平成17年) アマダCNCタレットパンチプレス EM2510NT導入。
2006年(平成18年) AGIE ベルテックス導入。
碌々産業 MEGAⅢ導入。
2007年(平成19年) 日本DMG DMU80 mono導入。
2010年(平成22年) コマツNCT 三次元レーザー加工機導入。
アマダベンダー HDS1303NT導入。
2011年(平成23年) バリ取りマシン AUDEBU 湿式集塵機付導入。
2012年(平成24年) アマダ 複合加工機 LC2012C1NT導入。
アマダ ハンドヤグレーザー溶接機 YLM500P2導入。
2013年(平成25年) アマダ ファイバーレーザー溶接機 FLW4000導入。
2014年(平成26年) マキノ 立形マシニングセンター V33i導入。
2015年(平成27年) アマダ ハイブリットドライブベンダー HDS1030NTR導入
アマダ ファイバーレーザーパンチ複合機 LC2515C1AJ導入
2019年(令和元年) 岡部二光製作所の国内製造事業を承継する完全子会社として
日信岡部二光株式会社を設立。
日本信号株式会社が日信岡部二光株式会社の全株式を取得し
完全子会社化。

地図


大きな地図で見る
外観
日信岡部二光株式会社の外観
JR高崎線 岡部駅より徒歩10分
関越道 
花園ICより20分
本庄ICより15分
会社案内 事業案内 製品案内 主要設備 お問合せ HOME